2015年12月10日木曜日

オスグッドや成長痛で膝の痛みをいち早く治すにはやってはイケナイことがあります。

オスグッドと診断されたり、成長痛と診断された膝の状態を解決し解消するに大切なことをご紹介します。


オスグッドの具体的症状で一番してはイケナイことがあるのです。それは筋肉を強くもみほぐすことです。マッサージすることは避けておいてください。理由は筋肉繊維を壊すことになります。オスグッド研究所で治療をする上で治療効果が上がらず、妨げになります。

運動中や運動後に膝に痛みが出る場合、

筋肉が伸張する限度を超えてます。膝の曲げ伸ばしの可動範囲が日に日に狭くなっているようでしたら、練習や試合をがまんして膝周辺の筋肉に負荷をかけることはもう止めましょう。治療が必要です。巷で聞かれるストレッチなども控えて脚の負荷をかけないでおいてください。

運動してないのに、膝の曲げ伸ばしで痛みがでる場合、

膝の可動範囲がほとんど狭く少しの屈伸状態でも痛みがでる状態だと思います。膝下に突起のようなのが出来てることもあるでしょう。膝の痛みも大腿部の筋肉痛が起きたり股関節周辺の筋肉が痛くなっていることもあります。足首やかかとが痛くなっている状態になっているかも知れません。気になって周辺患部を揉んでほぐすことは止めましょう。揉んだあとは揉み返しが起きて、膝の動きが悪くなります。すぐに治療が必要です。膝にむくみがでたりする場合もあります。日を増す後に脚の筋肉が硬直してきます。足をひきづって歩くようでいるのが長い日数でいると、脳が歩き方を学習して癖のある脚の使い方を身につけてしまいます。


オスグッド研究所に治療に来るまでの処置方法一例

適温の入浴をススメます。熱い冷たいという極端な温度は避けてください。
冷却スプレーを多用する頻度が多いようなら、筋肉はすでに限界です。控えましょう。



そのほかで気になることがあればお電話ください。
オスグッド研究所 054-257-7697