2013年3月4日月曜日

小6女子のオスグッド病



たった一度の治療と自宅ケアで良くなりました。


小4のころ左ひざが痛みだした。
小5になり右ひざも痛くなった。
小5の頃になると体育やバスケットボールの練習が続くと痛みがひどくなるようになった。


という状況で、オスグッド研究所に来られました。



[初回2/19に診断所見と治療]
ひざを曲げると痛くて屈伸運動ができないくらいでしたが、治療後は曲げられるようになりました。当研究所より離れてるので頻繁に通うには困難であり、帰宅してからも、自宅で治療効果(自宅ケア)を継続しておく必要があったのでインナーストレッチの枕ストレッチの幾つかを憶えてもらい、インナーストレッチ専用Sカーブ枕を使用して頂くことにしました



[2回目3/1の治療]
初回の治療から10日経過しておりましたが、長年のひざの痛みがほぼ解消されておりました。2回目の治療の間隔に開きがありました、しかし自宅で療養できる方法が良かったようです。ひざを動かす筋肉の負担は解消されたようです。最初の診断で視られた足の動きと向きをスポーツに適した柔軟な動きができるようにしておく事を重点に治療と指導をしていく事になりました。


自宅ケアに、インナーストレッチをすることがひざの痛みやオスグッドの解決に、もっとも効果を発揮しております。
オスグッド研究所 千田厚

0 件のコメント:

コメントを投稿