2013年3月15日金曜日

小6サッカー少年のオスグッド病でひざが痛い





 小6の子でサッカーをしていて練習後になると左脚が痛くなり、屈伸したりが出来なくなりました。お困りの時に、ご家族で同じ職場の方が当研究所を紹介してくださりオスグッド研究所に来られました。

 [診断所見 ]
両足で屈伸・・・・・ひざ曲げてが、痛くてしゃがめない。
足の動き・・・・・・足踏みをすると、左右の足首の動きが不自然。
座位・・・・・・・・身体を正中線でみると、非対称でバランスが悪い。
仰臥位・・・・・・・治療台(広く大きい)に寝ると、両足の足首の位置のバランスが悪い。
四つん這い・・・・・背中が丸く、座骨の位置がずれている。

座っても寝ても身体が斜めでねじれがあり、身体のイメージが真の身体像でなく歪んだ状態で脳に記憶されている動きをしています。

単に痛みのある部位を治療するだけででは正常な運動が出来るとは思えないところまで症状が進んでいるといえます。

解決への糸口は、子供本人が今どのような身体で、どんな動きしか出来ないのかを理解する事が大切です。

子供の理解と自覚があり、次がご家族の改善へ向けた対策と協力が大切です。

春休みの間に、オスグッドやひざの痛みが良くなるようにするためにも、あなたのお子さんが....あれ?おかしい?とおもったら、まずは平らなところに真っすぐ寝かしてみてください。

なにか不自然なことに気づかれるかもしれませんね。

オスグッド研究所 千田厚 電話0542577697

  

2013年3月5日火曜日

オスグッドは春休みの時期に解決しておきましょう。



春休みの期間や卒業式のあとでまとまった時間が取れる今、オスグッドやひざの痛みを解決する絶好の機会ですよ。 この時期に早く解決しておきましょう! 子供の膝が痛い?なーに、元気にスポーツができるようになる!とは 良くなるネット オスグッド研究所は、2003年に静岡市に設立。 海外はドイツ、アメリカより。日本国内(北海道、青森、岩手、山形、宮城、福島、新潟、群馬、栃木、茨城、埼玉、東京、神奈川、山梨、静岡、長野、石川、富山、岐阜、名古屋、滋賀、奈良、兵庫、岡山、広島、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、熊本、)からスポーツ関連において、子供の成長痛やオスグッドの治療と解決方法の治療講習をしています。

2013年3月4日月曜日

小6女子のオスグッド病



たった一度の治療と自宅ケアで良くなりました。


小4のころ左ひざが痛みだした。
小5になり右ひざも痛くなった。
小5の頃になると体育やバスケットボールの練習が続くと痛みがひどくなるようになった。


という状況で、オスグッド研究所に来られました。



[初回2/19に診断所見と治療]
ひざを曲げると痛くて屈伸運動ができないくらいでしたが、治療後は曲げられるようになりました。当研究所より離れてるので頻繁に通うには困難であり、帰宅してからも、自宅で治療効果(自宅ケア)を継続しておく必要があったのでインナーストレッチの枕ストレッチの幾つかを憶えてもらい、インナーストレッチ専用Sカーブ枕を使用して頂くことにしました



[2回目3/1の治療]
初回の治療から10日経過しておりましたが、長年のひざの痛みがほぼ解消されておりました。2回目の治療の間隔に開きがありました、しかし自宅で療養できる方法が良かったようです。ひざを動かす筋肉の負担は解消されたようです。最初の診断で視られた足の動きと向きをスポーツに適した柔軟な動きができるようにしておく事を重点に治療と指導をしていく事になりました。


自宅ケアに、インナーストレッチをすることがひざの痛みやオスグッドの解決に、もっとも効果を発揮しております。
オスグッド研究所 千田厚