2011年2月18日金曜日

子どもの姿勢教育は親の生活姿勢から。(オスグッド研究家)

よせがき絵のメッセージ

どうしても勝ちたいんでしょうね。
自分にいい聞かせています。

オスグッド研究家千田厚です。


このようなメッセージを発する子は、こちらに来られても、目的が合致しているので、どうしたらよいかのアドバイスを良く聞き入れます。

「ふだん親のいうことを一切聞かないんですよ。」というお子さん


スポーツしたい。
運動したいっていう目的があるので、真面目にことらの話を聞き入れます。
受け入れます。

その一方、どうして、ここに来るんだよ
という態度を示す子もおります。
このような場合は、親の教育しつけが悪いのでなく、親の態度が関係している場合があります。
つまり、ふだんから喧嘩腰で子どもに接しているご家族などです。

いつも怒っている親
その子の反応は大きく二通り

ある子は、反抗心あらわな態度
またある子は、無関心でどうでもいい態度


治療の結果で、
反抗心ある子は、反応があるので理解が得られます。


問題は無関心状態に陥った子です。
時間がかかる場合があります。


どちらも
元気に動けるようになると、明るい笑顔をするものです。
早く、正しい診断を受けましょう


オスグッド研究家