2010年12月8日水曜日

愛知県岡崎市小6野球少年よりのオスグッドメッセージ ひざ治療(成長痛)

10年前には、オスグッドというと、中学三年生から高校生が多かったのですが、ココ4年前ほどより小学生の高学年が多く来られるようになりました。

低年齢化しているようです。生活環境と身体的な成長が関係しているように見受けられます。
オスグッドは青少年の生活環境と著しく関係しています。

成長痛というのも生活環境と関係していることが多いようですね。

オスグッドは、だまって安静にしていても、よくなりません。
適切な解決方法を早く身につけるとよいです。
いち早く適切な良くなる診断をオススメします。

0 件のコメント:

コメントを投稿