2005年4月8日金曜日

オスグット 症状解消 その後の経過

埼玉県から治療に来られた大学生(鍼灸系の専門学校生)・・・・その後の経過は。。。
なんと。び・つ・く・り

あれだけ痛いという症状が。
サッカーボールを蹴っても、痛たくいない。という。「うれしい経過k電話を頂きました。」
前回二回目の治療後、走ってもらったのですが、この方の場合は、意外と筋力は落ちていなかった点もあり。回復が早かったようですね。

もし、サッカーボールを蹴ってみて。走ってみて。少し違和感を感じたら、治療に来なさい。と伝えておきました。キャンセル待ちもあるので、もし経過がよくて予約解消してもよさそうならば、前日か二日前には連絡をくださいとしておきました。

先日、調子がいいという電話を頂きました。孫の調子がいいですと。
三回の治療で解消したのは、良かったとおもってます。
自宅ですることの指導もしておきましたが、これも毎日していたのも効果を高めたようです。
オスグットの症例は、皆同じとはいえませんが・・・・。
無理なことをしない。がんばらない。
意外と、がんばるひとが多いので、症状回復を遅らせる場合があるようです。

追伸
早く、よくなりたいと思う人へ
基本は・・・・・・がんばらない。あせらない。

0 件のコメント: