2005年3月30日水曜日

スポーツ障害 必要なことは? 野球肘 テニス肘

ポージング手法とフォーミング手法があります。

静的動作(スタティックス)なのがポージング手法。
それが連続した動きとなるとなり連動した、動的(ダイナミック)な行動となりこれをフォーミング手法。

このふたつの組み合わせで治療が行われます。


例として、何もしなくても、痛い。というものです。
座るだけで痛いとか。歩くけない。というものです。 ひとつの静止動作で痛いという症状です。
もうひとつ、動くときだけ痛いというものです。
野球肘とか、テニス肘。
静止状態での痛みは、カラダの姿勢。骨組みに問題があります。
連動した動作での痛みは、間違った動きの学習した記憶が関係しています。
このふたつは、力では解消はできないものです。揉んだり引っぱったり。叩いたり。
これでは解消はできないと断言してもいいです。

そのときは、オサマッタ。これは解消は言わない。一時的なことです。ましてや治ったとは言わない。
問題は、あなたの姿勢にあります。