2005年2月21日月曜日

オスグットを解決する方法。

第三講座と第四講座。

オスグット解消のために必要なこと。
治療と併行して、治療効果を継続するための方法を習得することにありますね。
その方法とは・・・・・・・・・・
自力回復運動には10種の方法があります。
腕力や力の動作はいりません。
その方が早く良くなるのです。
でも言葉とか、映像では、感触や感じは伝わりません。
でも方法が大切なのです。

指撫法・・・・・・・なでるという感覚
静圧法・・・・・・・さわるという感覚
触圧法・・・・・・・ふれるという感覚
横引法・・・・・・・ひくという感覚
伸張法・・・・・・・のばすという感覚
伸展法・・・・・・・ひらくという感覚
牽引法・・・・・・・力ではないという感覚
捻転法・・・・・・・ゆらすという感覚
狭定法・・・・・・・はさむという感覚
動作法・・・・・・・うがかすという感覚
緊張還元法・・・つっぱるという感覚で。

簡単そうに映るものほど、意外と奥が深く、むすかしいものですね。
華麗に見えるものほど、技量が問われる。
是非、習得してほしい。日本の伝承技術ですね。
すべて、日本人ならでは、手法ですから。

このことを2講座で理解してもらいます。