2005年2月21日月曜日

オスグット・シュラッター病とは?

世間で言われている症状のオスグット病ですが・・・・。自然に治ると耳にします。成長痛ともいいます。

時期が過ぎれば・・・・・治ると聞きます。それでいいのでしょうか。
現代医学。西洋医学の話では・・・・・解決不可能であるそうですね。
家庭の医学というサイトを覗くと。
 オスグッド・シュラッター病  成長期の男の子が、膝(ひざ)を伸ばす筋肉(大腿四頭筋(だいたいしとうきん))が 脛骨(けいこつ)につく部分を痛がる病気です。 走る、ジャンプなどの運動を激しくしている子どもに多くみられます。 膝を床についたり、階段を昇降するときに痛みがひどくなり、 安静にすると痛みは軽くなります。 ●骨が成熟すると自然に治る
大腿四頭筋の力(収縮による牽引力(けんいんりよく))が
成長中の骨に対してストレスとなり、痛みを生じると考えられています。
成長期だけの病気で、骨が成熟すると自然に治ります。
痛みがひどいときには運動を少し減らす、
炎症を抑える薬を用いるなどの治療をします。
それほどでもない痛みには、
運動の前後に大腿四頭筋を伸ばすストレッチングをするのがよいでしょう。
と書かれていました。

スポーツに情熱をかけて、取組んでいるのに、あきらめるのですか?
それでよいのですか?



解決できる方法はあります。
ここで書かれている。骨の問題ではないのは確かです。

なぜならば・・・・・・。
わたしのところのオスグット研究所では。すべて解決しているのですから。
ただし、治療に来られるまでに、電気やマッサージを長い間していた方は、治療効果に個人差は発生するでしょう。あまりカラダをいじめない状態で来られることをお願いしています。

詳しくは、お電話で。オスグット研究所 054-257-7697